Glassぶどうの実☆店長日誌

夫婦で、手づくりのガラスアクセサリーを制作、販売しています。こちらは、夫のブログになります。
2012/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



工房DIY

121016 テラスa_s

引っ越し先の借家には、居間の外に、6畳程の、不思議なテラスが併設されていました。

大家さんが、どうやら、大型犬を、ここで飼っていらしたらしいのです。
「ここは、おまけだね。まさか、ここで、仕事をするおつもりじゃないでしょう?」

全面、ガラス窓+アクリル板貼り。築40年のため、かなり年季が入っており、ヒビが入ったり、所々隙間が開いています。
防寒対策のためか、紫色の分厚いカーテンが、四方に掛かっています。
それに、やたら湿気が多く、頭上には水滴受用のボード&雨どい、床の四方には結露吸収用のタオルが敷かれています。

最初、妻から、ここを作業場に割り当てられた時、私は、猛反発したものです。

しかし、実際問題、工房は、ガラス片が飛散しますし、ここしか考えられなかったのです。

そこで、工房のDIY化を試みました。「男の隠れ家」! 狭くとも、住み心地の良い空間に変えることは出来る筈です。

まず、鉄の桟の錆を落とし、白いペンキを塗り直し、窓には、ブラインドを設置しました。

次いで、床にスタイルフォーム、板、ビニールマットを敷きました。防寒対策のためと、ところにより、陥没しそうな箇所があったからです。

雰囲気が、ぱっと、明るくなりました。

あとは、シンプル・イズ・ベスト。作業台、材料、少しばかりの工具、電気炉、(退屈しのぎの動画を見たりするための)ノートパソコン…必要なものは多くはありません。

Sweet Home 3D」というソフトを使い、シュミレーションしました。

広く空間を確保しつつ、手を伸ばせば届く範囲に、モノがあることが望ましいです。

170104_s.jpg

※ 2017年1月4日現在、冬仕様中。

実際、この工房で働いてみて、大いに気に入りました。あたかも、半分、外で仕事をしているような感覚なのです。
窓から空が見えるって、素敵ですね。

DSC_9344_s.jpg

DSC_9360_s.jpg

わが家の庭は、とても広いです。
4月には桜、6月には藤棚を眺めつつ、働けるなんて、何て贅沢なことでしょう!

1464653908101_s.jpg

観葉植物など飾ると、なお楽しいです。

玉に瑕なのは、ほぼ頭上に、高圧電線が走っていること位でしょうか…。

160726 高圧電線作業_s

※ 頭上で、何やら、決死の作業中の方々。

(妻は、ガスバーナーで作業することが多いので、台所で働いています。)

↓net shop



スポンサーサイト

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。