Glassぶどうの実☆店長日誌

夫婦で、手づくりのガラスアクセサリーを制作、販売しています。こちらは、夫のブログになります。
2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

2□、Beans - シンプル・イズ・ベスト

夫婦でガラスアクセサリー制作を始めて早23年…今迄、数限りない作品が生み出されては、あるものは廃れていったわけですが、いつまでもロングセラーを続けるデザインといったものもあり、「2□」、「Beans」なども、その中の一つです。

1cm程度と小ぶりでありながら、「ダイクロ」という光沢ガラスと板ガラスとを組み合わせ、四角形や楕円形などのシンプルな形状に仕上げたという意味では、どちらも共通しています。


● 2□

1482075790659_s_s.jpg

縦横7mmにカットした板ガラス、ダイクロガラスを、互い違いに重ね、電気炉で溶解します。
800℃位に達すると、急激に溶け始めてしまうので、四角いシャープさを損なわぬギリギリのところで、電気炉を止めます。
その間、1~2分の勝負。

板ガラスの色により、もしくは電気炉内部の配置により、溶ける速さが微妙に異なりますので、その辺は気を使います。

焼きあがった作品は、ガラスの鋭利な部分が残っていないか、一個ずつ入念にチェックし、問題があれば、リューターで加工して仕上げます。


● Beans

1483757591599_s.jpg

私が、妻から伝授された、最も初歩的な技術の一つは、「オイルカッター」を使い、板ガラスをカットすることでした。
カッターで板ガラスに傷を付ける際の力加減にはコツが要り…「押し込むように転がす」とでも言いましょうか…きれいになぞらないと、ペンチで切断する際に、ガラスがバラバラに崩壊してしまいます。

「Beans」の場合、板ガラスを、極めて細く、ほとんどスライスするような感覚でカットし、きれいな楕円形に仕上がるよう、それこそ1mm単位の計算のもと、工夫してガラスを組み合わせます。

電気炉の中で、ガラスを乗せる「棚板」には、「離型剤」という白い粉を水で溶いて塗布するのですが、その際には、とても気を遣います。棚板のコンディションが悪いと、ガラスが貼り付いて割れてしまったり、左右に引っ張られるように歪な形になってしまったりするからです。

きれいな楕円形になった段階で、電気炉を止めます。
二色の板ガラスの接点…中央部分は、不思議と、微かな放物線を描くような形で融合し、そこに自然の妙を感じます。

「Beans」の場合、900℃以上迄、温度を上げる関係上、ガラスの裏面に、どうしても離型剤が付着してしまうことと、ダイクロのラメが側面にはみ出てしまうため、それらをリューターできれいに削り取り、再度、800℃未満迄、溶解して、仕上げます。


↓net shop


スポンサーサイト



▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://budounomi.blog61.fc2.com/tb.php/178-7198b8fd

 | HOME | 

ショップ




IMG_2197-520x245_s.jpg
logo.jpg


リンク


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ

妻のブログです。

バナー


FC2カウンター



プロフィール



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム


名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


QRコード


QRコード