Glassぶどうの実☆店長日誌

夫婦で、手づくりのガラスアクセサリーを制作、販売しています。こちらは、夫のブログになります。
2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

手づくりフェスタ in ふかがわ (2017年)

1503891128375.jpg

1503891119020.jpg

初参加です。

行きは、高速を使って1時間半。帰りは、普通道で2時間半。

先日の旭川、遠軽、赤平などと同様に、地方都市のイベントに勢いを感じる今日この頃です。


↓net shop





サッポロ・モノ・ヴィレッジ (2017年)


サッポロ・モノ・ヴィレッジ」(2017年8月11日(金・祝)~12日(土)、札幌ドーム)、無事、終了いたしました!

昨年は、6月25日(土)~26日(日)と開催され、うちも最強の売上を記録しましたもので、「ぜひ今年も!」と待ち望んでいたわけです。
何しろ、お客様も、入場料600円を払って来て下さるわけで、伝わって来る期待感も、半端ではありません。。
札幌ドームがあまりにも広く、お客様の波が辿り着くまで、一時間位要する感じでしょうか。

今年は、応募が殺到したせいか、残念ながら、審査で落選してしまわれた方々も少なくなかったとか…。私たちは、幸いにも、二日連続の出店が叶いました。
期待を込めて、在庫の充実に努め、臨みました。

DSC_9371.jpg

駐車場が込み合うことが予想されたので、朝早くから会場入りいたしました。


[広告 ] VPS


※ 観客席から撮った動画です。人の波、波、波!
一日目は、やはり、来場者の数が、物凄かったです。
二日目は、雨で、なおかつ、お盆前ということもあってか、初日には及ばずという感じでしょうか…。

中には、「うちの商品を、色違いで複数愛用している」というお客様もいらっしゃり、とても嬉しかったです。

DSC_0152.jpg

※ 入口の大型ポスター、下方に、光栄にも、うちの「どんぐりのペンダント」を載せていただきました。

何しろ忙しく…他の作家さんたちの作品をじっくりと拝見する機会を持てなかったことは、残念でした。

DSC_0172.jpg

えべつやきもの市、小樽がらす市などなど…7月から立て続いた大型イベントも、これにて一段落です。

以前から気になっていたドイツ料理のお店で、妻と、お疲れ様会を開き、労をねぎらい合いました。


↓net shop






滝野のクラフト体験教室 (2017年)

滝野のクラフト体験教室「ガラスのどんぐりペンダント(ストラップ)を作ろう!」大好評のうちに、終了いたしました!

9日間で、のべ141名(1日平均16名)のお客様に御参加いただけました。

※ 7月27日(木)、8月1日(火)~3日(木)、8月8日(火)~10日(木)、18日(金)~19日(土) 滝野すずらん丘陵公園、東口休憩所(森の工房)。

1503037562098.jpg

1502059703923.jpg

1502059793908.jpg


↓net shop


 


あかびらツクリテフェスタ (2017)

「あかびらツクリテフェスタ」(初開催)、初参加です。

札幌からの移動には、1時間半を要しました。

かつて「フラノクリエーターズマーケット」というイベントがあり、惜しくも終わってしまいましたが、そちらの実行委員会の方々の一部が引き継いでおられるようです。

20170611 会場外観3

会場は、滝川ICを降りてすぐの、(株)植松電機。
直前迄、「こんな畑のど真中に、本当に会場は存在するのだろうか?」と思ってしままいました(笑)。

20170611 ロケットデモンストレーション

ロケット開発のようなことを行っている企業なのか、模型ロケットの打上デモンストレーションのようなことを行っていました。

20170611 会場外観4

夕方迄、けっこう激しい雨。おまけに気温も低く、屋外の出店者の方々は、大変だったろうにと思いました。

20170611 会場内

道内各地からも、お客様が訪れてくださったらしく、結構な賑わいでした。

20170611 接客

二人で店番という程でもなかったので、私は、周りの作家さんたちのブースをくまなく見させていただきました。特に、同業者の作家さんからは、製造法、材料仕入などの面で、学ばされることが多いです。

20170611 えべおつ温泉

道の駅で夕食。

えべおつ温泉」宿泊。
食堂とトイレに挟まれ、天井が剥げているような部屋。温泉は、造りは昔の銭湯そのもので、露天風呂はありませんでしたが、主浴槽と、ぬるめの源泉と、交互に入るのが心地良く、翌朝も含めて、四度も入ってしまいました。
妻は、早くから寝てしまい、睡眠不足も解消されたのでは?と思います。

今迄、妻に、あまり贈物をしたことが無かったもので、ダントツのクォリティーを誇る「Guchikoさん」に、木の指輪をオーダーメイドさせていただきました。

帰りは、高速を通らずに、2時間かけて帰宅。こんなに近いのであれば、あえて高速を使うこともなかったと思いました。

帰宅後、お土産のスモークサーモンを、家族で食べたのでした。


↓net shop


 


創造のプロセス - 私の場合、音楽を例に取ると…

song writing

私の場合、ピアノを弾くもので、趣味で作詞作曲をしたりもします。


年を重ねるうちに、そうした創造的作業には、共通のプロセスがあることを悟りました。

第一に、気分(Spiritと言い換えても良い)が特別に高揚した時(もしくは、他のアーティストの作品に触発されることもあるのですが)、頭の中に、素敵なメロディーが浮かぶことがあります。それは、そうそう頻繁に起こることではなく、一瞬のうちに、「天から降って来る」ので、忘れぬよう、その場で記録します。
一つの成立した完全な曲として「降りて」来るならば、それはそれで最高なのですが、多くの場合、8小節位の断片的な素材、そして、それに付随するキーワードとして浮かびます。
もしも、その素材を放置したままであったとするならば、それは磨かれぬ原石のまま、埃を被って埋もれてしまいます。

第二に、そのメロディーを、実際に、じっくりと楽器で弾いて、録音してみます。すると、頭の中のレコーダーが、無意識のうちに、エンドレス再生状態となり…そのプロセスにおいて、いわゆるBメロですとかサビなどが、頭の中に浮かびます。当初の素材に加えて、いわゆる発展形が生み出されるわけです。
更に、録音した曲を、一定の期間をかけて、聴き直します。うまくいけば、メロティーにしっくりとはまる歌詞が浮かんだり、より完成度が高い曲へと仕上がります。素材を、熟成させるというか、磨きをかけるわけです。

第三に、他者の批評を仰ぐこと。うちの場合、妻から、「もっとこうした方が良い」と指摘されることが多いもので、むっとしてしまうこともあるのですが、その通りにすると、結果的に、確かに、良くなることが多いのです。


ガラスのデザインを生み出す時も、同様のプロセスを踏むような気がします。
閃き自体は、予期せぬ時に、一瞬のうちに訪れ…それは一方的な恵みであり…あとは長い時間を掛けて磨いていくという…。あたかも、神様から原石を渡されて、「どう料理するかは君の自由だよ」と委ねられるような感覚なのです。


自ら、じっくりと見惚れてしまうほど、良い作品が生まれた!と心の底から思えた時に初めて、お客様にも、自信を持って、おすすめすることが出来ると感じています。


※ 「作品紹介」のカテゴリに於いて、個々の作品が生み出された背景等について、記事に書いています。

↓net shop





«  | HOME |  »

ショップ




IMG_2197-520x245_s.jpg
logo.jpg


リンク


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ

妻のブログです。

バナー


FC2カウンター



プロフィール



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム


名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


QRコード


QRコード