Glassぶどうの実☆店長日誌

夫婦で、手づくりのガラスアクセサリーを制作、販売しています。こちらは、夫のブログになります。
2018/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

藤棚、満開

20180601 テラス

毎年恒例、5月終りから6月初旬にかけて、庭の藤棚が満開になります。

自宅工房にて。このような景色を眺めながら仕事が出来るとは、何と贅沢なことかと思います。


↓net shop





be×クリ (2018年6月)

1920px-Stellar_Place_Sapporo_exterior.jpg

20180601 ハンズbe搬入

2018年6月2日(土)~8日(金)、「be×クリ」(ハンズビー札幌ステラプレイス店)、出店いたしました。

前日、いつものように、社員通用口から入り、迷路のような廊下を抜け、閉店後の店舗で陳列作業。

今回は、1週間のうち5日間、妻が店頭に立ち、ワークショップも実施いたしました。

横浜で仕入れた白樺の木、ワインボトルのペンダント掛け等、いつになくディスプレイに力を入れました。


↓net shop


 


ハンドメイド AND 雑貨市 (2018年)

2018年5月29日(火)、二大イベントが終わった直後、「ハンドメイド AND 雑貨市」(旭川地場産センター)というマーケットに出店。なかなかの強行軍です。

201805291.jpg

私は、運転手として同行。
早朝5時に出発し、3時間かけて旭川へ。途中、10分程度の仮眠で、元気を回復出来るものです。

日帰りはしんどいので、「JRイン旭川」というホテルに一泊。

旭川の駅前通りは、一昔前の札幌を思わせますが…JR旭川駅に連接したイオンモールは、ひときわ大きくて近代的な施設です。

「JRイン旭川」は、そのイオンの上階(5F~11F)につながっている感じ。
食事も、そのまま階下で済ませられて楽でした。
夕食は、三日間頑張ったご褒美ということで、しゃぶしゃぶ屋さんで食べ放題コース。

201805292.jpg

1527709958883.jpg

皆様のご来店に、心より感謝申し上げます。


↓net shop





ヨコハマハンドメイドマルシェ (2018年)

2018年5月26日(土)~27日(日)、年間を通しても最大級のイベント…私は「サッポロ・モノ・ヴィレッジ」(札幌ドーム)、妻は「ヨコハマハンドメイドマルシェ」(パシフィコ横浜)と、夫婦で二手に分かれて参加いたしました。

※ 5月、他にも、チカホやライラック祭りに出店する可能性はあったのですが、この二つのイベントに集中して正解でした。

1527485397867.jpg

1527485401359.jpg

1527485404608.jpg

1527485411917.jpg

のべ140名ものお客様にお買い上げいただき、ぶどうの実のマーケット1日における売上記録を更新いたしました。お支払い時、列が出来た程だったそうです。

IMG_20180530_0001.jpg


角に割当たったためスペースを広目に取ることが出来たこと、回を重ねるにつれて私共の作品を知っていただけたこと、全国から3000人もの作家さんたちが集まる中、パンフレットのピックアップページに掲載していただいたこととも、大きかったと思います。

ヨコハマハンドメイドマルシェ秋(2017年)


皆様のご来店に、心より感謝申し上げます。


↓net shop






サッポロ・モノ・ヴィレッジ (2018)

2018年5月26日(土)~27日(日)、「サッポロモノヴィレッジ」、「ヨコハマハンドメイドマルシェ」と、年間通しても有数の大規模イベントの日時が重なってしまい、夫婦で分かれてそれぞれを担当するという一大チャレンジを決行いたしました。

何しろ、在庫も什器も二箇所分用意せねばならないのです。

また、ひっきりなしにお客様が流れて来るようなイベントですと、昼食やトイレに行くことさえままならず、ましてや他の作家さんのブースを見学する余裕も無いため、単身で臨むのは大変で、今迄は、夫婦二人で出掛けるケースも多かったのです。

妻は、店頭販売に関しては、百戦錬磨の強者です。人当たりが良いというのか…昔は「保険のセールスをやりませんか?」とスカウトされたことも、結婚式の司会などをやらせるとプロと間違えられたりしたこともありました。近年の地下歩行空間のイベントでは、フロントを任せられることも多いですし、北海道のTVショッピング界の重鎮の方からは「あなたの店番は完璧だ!」と絶賛されたこともありました。

それに比べて、私は、どちらかというと寡黙でボソボソ声と言いましょうか、人前で話すことにあまり慣れてはおらず、一人で黙々と作業している方が気楽だったりします。

しかしながら、今回は、半月かけて周到に準備いたしましたし、思い入れも強く、そのようなことも言っておられません。

20180526_0016.jpg

さて、サッポロモノヴィレッジですが、会場の札幌ドームは、近所というか、家から車で10分位で辿り着けるので楽です。

20180526_0005.jpg

今回は、前日に什器を搬入・セッティングし終えていましたので、当日は朝8時に会場入りし、商品陳列に専念いたしました。

ディスプレイのやりは、事前に計画を練っておきました。
また、名刺サイズで、見易くインパクトがありそうなプライスカードを作りました。

20180526_0011.jpg

ぶどうの実が割り当てられた場所は、外野席方面というか、ドームの入場口の正反対で、当初「どう出るかな?」という思いがありましたが、蓋を開けてみると、「混雑防止のため入場規制いたします」とのことで、入口付近ではなく、我々の目の前である会場最後尾にお客様を待機させ、少しずつ入場していただくというシステムとなりました。開場時間から2時間余りが経過した昼過ぎになっても、長蛇の列が途切れることが無かったのです。さすが、全道の著名な手作作家さんたちが集結しているということもあって、物凄い人出でした。

明るさ的には、吹き抜けの窓の手前で、天井の照明の下で、良かったです。

20180526_0017.jpg

私共の経験からすれば、土日と続くようなイベントの場合、コアなファンの方々は、(商品が豊富な)初日を目掛けていらっしゃるケースが多いです。

お客様には、気合を入れて、テンションを上げまくって、積極的に声を掛けさせていただきました。製作過程等、商品説明をさせていただき、話が弾みさえすれば、お求めいただける可能性も高いのです。

長年、マーケットに出店したり、卸しや委託販売を続けて来て、ぶどうの実の知名度も大分浸透して来たようで…札幌駅前地下歩行空間ステラプレイス小樽サッポロファクトリー千歳空港由仁町、旭川などなどで「商品を見掛けましたよ」と声を掛けてくださるお客様も少なくなかったです。

うちの商品を愛用して下さり、身に着けて来られたお客様も、いらっしゃいました。

知り合いの作家さん、取引先の店長様、知人の方々も、いらっしゃいました。

「楽しみにして来ました」、「ネットでチェックして来ました」、「奥さんに会いたかった」等、声を掛けていただき、嬉しかったです。

20180526_0007.jpg 20180526_0015.jpg

一日目終了。トイレ二回、ナッツと水だけで、乗り切りました。
イオンの「サイゼリア」というレストランで夕食。

二日目も、早朝に起き、二時間前に会場入りし、在庫の補充に専念しました。

二日間、テンションを持続させるのは、なかなか大変です。さすがに、二日目の後半は、疲れてしまい、椅子に倒れ込み、口数が少なくなり、スマホをチラチラ眺めたりしてしまいました。

最終的に、100名強のお客様にお買上いただき、昨年の売上を凌駕することが出来ました。

二日間、本当にありがとうございました。

かつや」で夕食。帰路に着きました。

20180526_0019.jpg

 ⇒ サッポロ・モノ・ヴィレッジ(2016)
 ⇒ サッポロ・モノ・ヴィレッジ(2017)


↓net shop





«  | HOME |  »

ショップ




IMG_2197-520x245_s.jpg
logo.jpg


リンク


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドショップへ

妻のブログです。

バナー


FC2カウンター



プロフィール



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム


名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索



RSSフィード



リンク


このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる


QRコード


QRコード